低血糖症を食事の順番で改善

 

食後低血糖というのは、本来は食事によって血糖値が上昇するはずであるにも関わらず、なぜか血糖値が低下してしまうのです。
この食後低血糖を避けるためには、とにかく炭水化物の摂取を控えるようにしなければなりません。

 

炭水化物を普段から過剰に摂取してしまっているような場合には、少しでも炭水化物の摂取を控えるようにしましょう。
例えば、ラーメンを食べる時にライスを注文する方も多いと思いますが、このラーメンとライスというのは炭水化物と炭水化物の組み合わせになります。

 

この炭水化物の組み合わせというのは、血糖値な急な上昇を引き起こすことになってしまいます。
この炭水化物による血糖値の急な上昇を繰り返していると、食事の際に血糖値を低下させるように身体が働きます。

 

そのため、食後低血糖になってしまうのです。
この食後低血糖を抑えるには、普段から炭水化物ばかりではなく、タンパク質や食物繊維といったものをしっかりと摂取しなければならないんですよ。

 

また同じ食事内容であっても食べる順番を変えることで血糖値が安定するようになります。
野菜を食べて肉、ご飯という順番にすることで、血糖値の急な上昇を抑えることができますよ。

 

簡単に取り入れる事ができますので、是非試してみてくださいね。