血糖値測定器と糖尿病

 

糖尿病は遺伝がおおいに関係している病気ですが、生活習慣がさらに糖尿病の発症率を高くすると言われています。血糖値が高くなる糖尿病は予防が肝心です。それは、糖尿病が複数の合併症を引き起こすから。

 

糖尿病そのものを予防することも大切ですが、合併症が起きないように糖尿病を予防することが重要なのです。糖尿病は痛みやかゆみといった症状がないため、糖尿病になったと自覚することがほとんどありません。治療を怠る人もたくさんいるようです。

 

血糖値が上がりすぎると、動脈が硬化します。この動脈硬化によって、腎臓病や心臓病、脳血管障害などが引き起こされます。糖尿病から眼底が変化し、網膜症や白内障を合併することもあります。こうした合併症を防ぐために重要な役目を果たしてくれるのが、血糖値測定器です。

 

血糖値測定器があると、いつどんなときに血糖値が変化するのかがわかり、治療薬が効いているのかどうかが判断できるようになります。血糖値測定器は、糖尿病と診断され、自己注射をしている人が使う価値の高いものです。

 

最良の治療方針を決めるためにも、血糖値測定器で毎日血糖値を測定してみましょう。糖尿病の人が自宅で使う場合には、病院からレンタルすることが可能です。
購入することもできますが、購入前に一度医師に相談してみましょう。