糖尿病の原因はなに?

 

 

血糖値が急激に高くなってしまう糖尿病というのは、生活習慣が原因となって引き起こされている生活習慣病です。
この糖尿病にも2つの種類があって、急性糖尿病というのは子供でも発症する生活習慣病としてよく知られています
この急性糖尿病のようにすい臓の働きが著しく低下してしまうものを1型糖尿病と呼びます。

 

そして日本人で糖尿病を発症している方の90%以上は2型糖尿病を発症しています。
これは食べ過ぎ、飲み過ぎといった生活習慣が原因となって引き起こされています。

 

糖尿病の主な原因としては食べ過ぎが挙げられます。
食事をすれば誰でも血糖値が上昇します。

 

ここでたくさん食べるとそれだけ血糖値の上昇率も高くなります。
そして頻繁に食べれば、それだけ血糖値が上昇する頻度も高くなってしまいます。

 

体内においては血糖値を下げる働きをしているインシュリンが分泌されても、それが追いつかないほどの食べ物を食べると、血糖値がなかなか下がらなくなってしまいます。

 

また、意外に思われるかもしれませんが、ストレスも糖尿病の原因になります。
ストレスは万病の元とも言われているのですが、自律神経の働きのバランスを崩してしまったり、インシュリンの分泌量を妨害するといった働きをします。