糖尿病のタイプ

 

 

生活習慣病の一つとしてよく知られている糖尿病ですが、アラフォー世代になると糖尿病を発症しやすくなります。
そして糖質を多く摂取する日本人にとっては非常に身近な病気でもあります。

 

では、そもそも糖尿病というのはどのような病気なのかをご存知でしょうか。
糖尿病というのは、簡単に言えば血液中に含まれている糖が異常なほどに増加してしまう状態です。

 

ホルモン成分の一種であるインシュリンが正しく分泌されなくなってしまうと、摂取した栄養分を効率よく分解することができなくなってしまいます。
インシュリンというのはもともとは栄養素を分解する、という働きがあるだけでなく、血液の中に含まれている糖分を分解してくれます。
そのため、インシュリンの分泌量が正常なのであれば、血糖値が異常なほどに高くなってしまうこともありません。

 

糖尿病というのは大きく2つの種類に分類できます。
1つはインシュリンの分泌量自体が不足してしまう1型。
2つめはインシュリンの分泌量は正常であるにも関わらず血糖値が下がらない2型です。

 

インシュリンが製造、そして分泌されているすい臓に何かしらの疾患がある人というのは、インシュリンの分泌不足が原因となって糖尿病を発症しやすくなります。
しかし、このタイプは日本人には極めて少なく、肥満や食べ過ぎ等が原因となっている糖尿病を発症する人が大半です。