測定器でどうやって血糖値を測るの?

 

血糖値が高いと糖尿病などになる危険性があります。そのため、できるだけ早く発見することが大切ですが体に不調が現れなければ病院にはなかなか行くことはありませんよね?

 

そんな時に頼りになるのが血糖値測定器です。測定器で血糖値を測る時方法は2種類あり、チップと専用の針を使って血液を採取し検査紙の色の変化で調べる方法と採取した血液に電流を流すことによって血糖量を調べる方法です。

 

検査紙の色の変化で調べる方法を「比色法」といいます。これは昔からある血糖値の測定方法で、酵素と反応することで検査紙に色として現れるようになっています。

 

酵素の種類によってヘキソキナーゼ法やクルコースオキシダーゼ法があります。色で判断できるためわかりやすい反面、細かい数値までは把握することができません。

 

一方、血液に電流を流すことで測定する方法を「電極法」といいます。最近になって開発された電極法は比色方と同じように酵素と反応させ、反応物に電圧をかけ流れる電流の量によって血糖値を割り出します。

 

血糖値測定器が開発されたばかりの頃はそれぞれに差がありましたが、最近では機械の進歩により機能としてはどちらも同じくらいです。実際に血糖値測定器を見てみると違いがはっきりわかると思います。

 

 

血糖値測定器を使うメリット

 

健康器具にはデメリットもありますが、自分にとってメリットがあるかどうか考えることが大切です。

 

血糖値測定器使うとどんなメリットがあるのでしょうか。インスリン治療をしている人は必ず毎日血糖の測定を行うと思いますが、健康な人も自分の体の状態を把握するためにおすすめです。

 

特に糖尿病の治療をしている人は自分で血糖を測定することにより病気の悪化を防げたり、自分なりに食事を改善したり治療を意識して生活することができます。

 

血糖値をコントロールできるようになると治療に必要な薬の量が減ってきて体への負担も少なくなります。糖尿病の治療では希に低血糖状態になることがあります。

 

薬が体に合っていなかったり、血糖値のコントロールが上手くいっていないと低血糖になり意識を失う可能性があります。もし車の運転中だったり、道路を歩いていたり場合によっては生死に関わることもあるため血糖値は常に正常を保ちたいところです。

 

血糖値測定器は血液を採取するために痛い思いや消耗品の費用がかかってしまいますが毎日自分で測るメリットの方が大きいと言えます。血糖値を自己管理することで病気の治療の励みになったり低血糖から自分の身を守ることもできます。