血糖値測定器の検査紙のコストと入手方法

 

糖尿病予防や治療を行う上で欠かせないアイテムとなる、血糖値測定器。 その消耗品として不可欠なもののひとつが、ストリップなどと呼ばれる試験紙(検査紙)です。この検査紙にかかるコストや入手方法にお悩みの方は、本当に多いのではないでしょうか。

 

血糖値測定器の利用が短期間のみであればそこまで意識はしないかもしれませんが、長期間となればなるほど、かなりの費用がかかることに悩まれていることと思います。

 

また、コストがかかることがデメリットとなり、本来であれば血糖値測定をすることが望ましいのに、継続を辞めてしまわれた方も多いのではないか...とも、感じるところです。 ですが、実はこの検査紙、今は手頃な価格で自宅にいながらにして手に入れることが可能となっています。 個人輸入を活用することで、良質な海外製品を手頃に便利に入手することができるのです。

 

血糖値測定器は、検査紙に血を垂らしたものを差し込むことで、初めて測定することが可能となる製品です。 当然ながら一度使用した検査紙を活用することはできないため、検査紙は血糖値測定器を利用する上でかなりコストのかかる消耗品でもあります。

 

ですが、国内での検査紙販売は定価となっているため、少しでもお手頃な検査紙を買ってコストダウンを...などと、節約を可能にすることができません。

 

また日本では法律上、検査紙などのネット販売は禁じられているため、医療機関の他、取り扱いのある限られた薬局でしか入手することもできないのです。 このため、検査紙を入手するためにわざわざ時間を裂かなくてはならない...といった手間も、利用者のネックとなっている現実があります。

 

個人輸入ならコストが削減できる。

 

「日本の限られた場所でしか買えず、価格も高い...」といった国内での検査紙購入のデメリットを、大幅に負担減にしてくれるのが、個人輸入の活用です。

 

個人輸入とは、言わばネット通販のようなもので、仲介業者に委託することで海外製品を自宅に送り届けてもらうことができます。 特別大きな手間がかかる訳でもなく、欲しい製品を注文し支払いを済ませれば、「あとは商品到着を待つだけ...」と一般的な通販利用となんら変わりはありません。

 

日本製の検査紙と海外製の検査紙

 

実際は、日本製であれど海外製であれど、検査紙の性能などに大きな違いはありません。

なぜなら、日本製の検査紙は、元々アメリカのメーカーが取り扱っていたものをプラベートブランド化し、国内向け製品として売り出しているに過ぎないからです。

また「血糖値測定器自体は日本で販売されていたものを持っているのだけど、検査紙は海外製でも使えるのかな?」といった疑問をもたれる方もおられるかと思いますが、その点も問題はありません。

 

日本販売製品に対応した検査紙が用意されていますので、手持ちの血糖値測定器に合わせた検査紙を選べば良いだけとなっています。

 

安価で性能の良い血糖値測定器

 

個人輸入を利用すれば、検査紙といった消耗品だけでなく、血糖値測定器自体をお得に購入することもできます。

 

例えば、フリースタイルライトと呼ばれる血糖値測定器は、採血量も世界最小の『0.3μL』を可能にしています。あらゆる理由(例えば皮膚の厚みや、血行の悪さなど)で自分で採血することができない方の場合、やっとの思いで採血をしても、体液が血液に混入してしまうことで血糖値が正しく表記されないようなケースがあります。

そんな負担やミスを、極々僅かな採血量にすることを可能にしたことで、フリースタイルライトはより使いやすい血糖値測定器として選ばれています。

本体はコードレスなので場所を問わずどこでも使用でき、39gと計量ながら測定記録容量は400回分と大容量です。 例えば1日3回測定を行う方の場合でも、4ヶ月以上本体に測定記録を残しておくことができる計算になります。 測定時間についても、僅か5秒でチェックすることが可能です。

 

製造会社は、糖尿病医療用医薬品として世界130カ国以上でその製品を販売しているアボット社てが揃えられ、よりお得にフリースタイルライトを購入することができます。

 

現代の日本は、成人の約5人に1人の割合で糖尿病の可能性があり、更に40歳以上の場合は約3人に1人が糖尿病患者または糖尿病予備軍であると言われています。 そして、糖尿病にならないためには、なんと言っても自己管理が不可欠となります。

糖尿病という病を気にする方々にとって、もはや相棒ともなる血糖値測定器や消耗品のストリップなどと呼ばれる試験紙(検査紙)。継続的に自己管理を行うためにも、これらにかかるコストについて考えてみる、または見直してみることも大切なことではないでしょうか。

精神的にも肉体的にも経済的にも負担を低減できる手段や製品を選び、糖尿病に予防につなげて、健康を維持していきましょう。